電子計測器についての情報がいっぱい!

当サイトでは、電子計測器におけるさまざまや機能や使い方、業界のあれこれをまとめてご紹介いたします。
計測する際に不必要な情報が入ってしまうノイズの種類と対策、収集可能なデータの種類、測定カテゴリ、ネットワークアナライザについての解説など幅広くご紹介していきます。
計測器の使い方だけではなく、計測器産業の市場の、現在や今後の事についても触れていきます。
これから初めて計測器を使い始めるという方も是非ご覧ください。

電子計測器のノイズの原因と対策

電子計測器のノイズの原因と対策 電子計測器を使っていて、本来測定したいものを邪魔してしまう入力信号の事を「ノイズ」といいます。
これにはさまざまな原因があり、対策方法もそれぞれで異なります。
これらの発生源には主に自然のものと人工の物が存在します。
自然の代表例は雷放電、太陽雑音など自然界に存在するものです。
人工は基本的に電気を使う機器は、多かれ少なかれ電磁エネルギーを発しており、それがノイズになります。
まず自然のものには、電磁波シールドフィルムが効果的です。
電子計測器をフィルムで覆ってしまい、余計な外来信号が入ってこないようにできます。
次にスイッチを使っている電子機器は、電源ラインを通じて給電するデバイスに伝道してしまいます。
これらの対策にはフィルタ構成やノイズ遮断用のコンデンサを仕込むことにより改善されます。

電子計測器の一つ周波数特性分析器の使い方について

電子計測器の一つ周波数特性分析器の使い方について 電子計測器というと、デジタルテスターやオシロスコープといった比較的利用度が高いものをイメージされる人も多いのではないでしょうか。
デジタルテスターは電圧や電流といった電気的な変化を知ることができる、オシロスコープは電圧の変化を波形といった形で観測ができる電子計測器で、データを取得することとで分析を行うときにも役立ちます。
これに対して、周波数特性分析器は特定の周波数に対して応答の有無を調べるときに使う電子計測器もあり測定においてのダイナミックレンジが広く、高精度な測定を実現できることや低周波数の測定が可能になるなどの特徴を持ちます。
周波数特性分析器は正弦波と呼ぶ信号を被測定物に与えることで、その周波数の応答を求めるための電子計測器です。
FRA(Frequency Response Analyzer)と呼ばれることも少なくありません。
なお、ダイナミックレンジとは識別可能な信号の最小値と最大値の比率をいうのことを意味するものですが、測定時のダイナミックレンジが広いことでより正確な値を知ることができます。
ちなみに、オーディオ機器のダイナミックレンジは音や映像など、信号の大きさの範囲を表す指標として使われます。

電子計測器の研究開発とは重要性についても

研究開発に関するキーワードの1つといえば電子計測器ですが、具体的に何をどう活用しているか知っている人ばかりとは限らないのではないでしょうか。電子計測器が活躍するのは電気を使う研究、あるいは開発の分野で、必要に応じて電圧を測ったり電流の変動を見たりします。計測する対象の状態を数字で確認したり、波形で変化を見ることができるので、視覚的に状態や変化を把握するのに役立ちます。例えば電子基板の研究開発の現場だと、電子計測器を使って規定通りの電流が流れているか、ノイズは発生していないかなどを調べます。一見すると無関係そうなところでも、試しにプローブを当ててみると想定されていない信号が観測されたりするので、適当に当てるやり方も馬鹿にできないです。逆に意図的に信号を発生させて結果を計測したり、どこまで過大な信号に耐えられるか確認することもあります。研究や開発初期の試行錯誤の段階では、常時プローブを接続したり当てた状態で、回路の変更やパーツの入れ替えを行います。シビアな分野だと僅かな変化の把握が重要なので、高性能で多機能かつ高精度な電子計測器が使用されます。一般的に高額で本体は大きくて使わない機能の方が多いイメージですが、プロにとっては体の一部のようで、なくてはならない相棒だといえるのではないでしょうか。

電子計測器におけるソリューションの必要性

電子計測器に求められる機能や能力は時代と共に高くなっています。その背景にはある製品を評価するための項目が複雑化、多様化していくため、できるだけ多くの情報を得る必要があり、得られた複数の情報から多角的にその製品を評価するためです。そこで、電子計測器においても計測ソリューションが必要となってきます。素材のひずみを測定する場合もその素材や、形状、温度や振動など状態だけでなく周辺環境も計測し情報として得るなど新たなシステムの構築と複数の情報を統合する機能が必要です。問題点は多くの機能や能力をもつ電子計測器はシステムが複雑、巨大化しやすいということです。当然、メンテナンスにも専門的な技術や知識が必要とされます。電子計測器から得られる結果は情報が多いことから、その解釈も難解です。ですが、その分構築されたそのシステムは製品の品質を保証するために必要であるため非常に価値があり、様々な分野に活かされてゆくのです。

電子計測器の回路に関しての雑感ともいうべき1つの考え

電子計測器の回路というと皆様は何を想像するでしょうか。 いろいろなことを想像するかもしれませんが根本的には、いまある暮らしをこれまで以上によくする可能性がある素晴らしい電子計測器のことなのです。 それぞれが話し合いそして理解すれば、このお話の理解も容易な気がしてなりません。 これは世界的な考えの一種であり、また1つは全てのためだということを切実に表現する物でとてもありがたくも解釈できるわけです。 したがって、単に小学校の理解でならったから知っているぞというような後ろ向きな考えでではなく、ことあるごとに復習して理解を深めようとする気概が重要です。 電気回路にしては文系的なお話になってしまいましたが、文系であろうと理系であろうと大差はなく、どの系であっても物事を多角的にみていくことが必要です。 この電気計算器から教わることは非常に多く、より感受性をもって捉えていくことが重要なのです。 このような考えがあってもいいと思います。

いろいろな分野で使われている電子計測器、アナライザの使われている場所

アナライザとは、一般的に入力された信号やデータなどを解析したり、分析したりするために使用する電子計測器のことをいいます。この電子計測器を使うことで、入力されたデータや信号などを解析して、目で見えないものをわかりやすく目視できるようにしたりすることが可能になります。このため、様々な分野で応用され利用されている機器です。その中でも、以下のような場所で使用されていることが多いです。 まず、この電子計測器が使用されていることが多い場所に、携帯電話などの基地局などがあげらます。このような電波施設の点検などや、高周波信号の周波数成分を分析するときに、電子計測器を使用していることが多いです。この機器を使うことにより、普通は人間の目には見えない電波などを可視化することが出来るため、分析結果をわかりやすく、周波数成分ごとの成分の大きさで表示することが可能となります。その他では、半導体の特性を分析するときにも使用可能です。入力電圧や電流を変えたときの、出力電流・電圧・抵抗などの値をグラフでわかりやすく表されるので、非常に便利な電子計測機器です。また、その他にも自動車関連において、電気駆動用インバータの測定でよく使われていて、この機器により交流電源に含まれる高調波、瞬断・過電圧などを分析することが可能となります。

ファンクションジェネレータについてもっと調べる

もっとファンクションジェネレータを知りたい

新着情報

◎2021/1/18

メーカー別のシェアを知る方法
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

情報を収集できるウェブサイト
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

PCと物理的に接続を行う
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「計測 周波数」
に関連するツイート
Twitter

瞑想がよく出来てるかの尺度を、テンポみたいに、脳波に還元したら計測可能だけど、 音楽も周波数やテンポや音圧がこうだから、いい音楽だなんて全く言えないしなあ。

『宇宙からの地球観測』 港区立図書館 所蔵館 : 高輪

Hzヘルツ周波数。振動・音波・電磁波などの周期現象を持つ周波数計測する単位。

返信先:周波数可変なのでFMにすれば反射面の絶対位置も(そこそこ)計測できますね。3D化するには受信アンテナを2次元アンテナ化する必要があります。博士の頃7x5chの2次元アレイ作ってやりましたが、画像化は闇ですね。

【基礎】パルスドプラ法でエイリアシングを生じることなく計測できるドプラ偏移周波数の帯域幅は、送信パルスの繰返し周波数(PRF)のみで決まる。